手作り指輪が出来るまで

『手作りで指輪を作る』ことが決まりましたら、次のような流れになります。

===簡単な流れ====
①制作の日時を電話でご予約
②制作日にご来店
③指輪のデザインを決める
④ロウ素材を使用して指輪の原型作り(作業時間:2~3時間)
⑤プロ職人による金属の指輪への加工
⑥指輪完成(完成まで:約1~1ヶ月半)


当日の作業時間は、指輪のデザインが決定してから約2~3時間です。
この時間内に完成するようにサポートさせて頂きます。(ご来店は1回だけです。)


*作りたい指輪のデザインがあらかじめ決まっていましたら 、写真や簡単な絵を紙に描いてお持ちください。(オリジナルイラスト刻印をご希望のお客様も紙に描いてお持ちください。)

*また、お急ぎ仕上げの場合はご予約の際に必ずご相談ください。(完成まで最短10~14日)
婚約指輪を作られる場合は、あらかじめ彼女のサイズがわかれば調べてみてください。わからない場合は、無理に聞かなくても大丈夫です。サプライズがばれないようにしてくださいね!

通常は、金属の指輪が完成するまで 1ヶ月~1ヶ月半かかります。

==制作の流れを詳しくご説明===


制作は、1組ずつの完全貸し切りです。
ご質問等ありましたら、遠慮なくお尋ねください。


当日ご来店いただきましたら、まず指輪のデザインを一緒に考えていきます。

具体的なデザインが決まっていないお客様は、お店にご用意している「サンプルの指輪」や「過去のお客様のデザイン集」などを参考に指輪のデザインや金属の種類を決めていきます。経験豊かなスタッフがいますのでわからないことは、ご相談ください。また、金属アレルギーやご予算がある場合は、制作前にお伝えください。



お客様には、失敗なく作れるWAXというロウ素材をヤスリで削って、指輪の形づくりをしていただきます。作業時間は、ストレート指輪だと1時間~2時間、ウェーブ指輪だと2~3時間程度です。
苦手なところは、お手伝いしますので遠慮なく声をかけてください。完成時のやった!感を思い存分味わってください。



ここから先は、火を使ったり専門的な作業になりますので熟練のプロ職人がいたします。皆さんに作って頂いた青いかたまりのロウ素材を溶かして、型をとって作る一般的なジュエリーの製造方法で、仕上げていきます。市販の指輪やアクセサリーも多くは、同じ作り方をしています。


金属になった指輪にお好みの加工(つや消し、ミル打ち、宝石を留める、レーザーでオリジナル刻印を入れる)をして完成となります。


完成した結婚指輪のお披露目です。

こちらのお客様は、外観はシンプルなウェーブ指輪ですが、内側にひとつの原石からとれた双子のダイヤモンド(ツインダイヤ)をお一人ずつ入れられ、手描きの可愛いオリジナルイラストをさらにツインダイヤの両側に添えて、世界にふたりだけのオリジナル手作り結婚指輪が完成しました。


 

PAGE TOP